写真家  赤山シュウ

 

1965年8月6日、島根県松江市美保関町七類に生まれる。

1986年3月、東京写真専門学校報道写真学科卒業。

在学中に、サンケイスポーツ新聞社写真部でアルバイト。

ホテルニューオータニ写真室を経て有限会社植田カメラに入社。

在職中、故植田正治氏より生き方としての写真を学ぶ。

25歳から写真撮影で生計を立てていく。

人物の魅力、関わり合いを通して地域の素晴らしさ、地元ながらの生き方を訴えるフォトグラファーをめざす。

現在、山陰で新聞、雑誌の取材など日夜奮闘中。

写真機、とりわけNIKONカメラを愛しアナログ機材の普及にも力を入れている。

現在は、ニコンZカメラに首ったけで、毎日ニコンZ 6とニッコールZを酷使している。

 

営業内容

 

雑誌撮影、広告撮影、イベント撮影、報道としての撮影

出張ポートレート撮影、写真教室講師、写真イベントの企画

動画撮影、各種コンサルティング。